セレッククラウン・インレー

光学カメラで撮影した歯のデータをもとに、院内で精度の高いセラミックの歯を設計・加工する歯科用CAD/CAMの『セレックAC』を本院である桂の中田歯科クリニックに導入しました。当院でもセレックによる治療が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

セラミックは金属アレルギーの心配がなく、身体にやさしい素材です。この治療法で再う蝕のリスクを格段に減らすことができます。また、治療期間を大幅に短縮することができます。

セレックシステムとは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・制作するCAD/CAMシステムです。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面ジョウにて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間もスピーディーです。

※セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のこと。

 

インプラント治療費
  1. Avatar

    患者様の口腔内の印象(型どり)をします。印象(型どり)した物をコンピュータで読み取り、設計、修復物を理想的な形に微調整します。

  2. Avatar

    セラミックブロックの中から最適なブロックを選び、ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)にセットします。

  3. Avatar

    ミリングマシンが、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

  4. Avatar

    先進的な接着技術を用いて削りだされたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了です。

実際の治療紹介

Case1:セレッククラウンによる審美的修復のケース

 

Case2:セレックインレーによる審美的修復のケース

セレック治療の特徴
『身体に優しい』メタルフリー

食品の科学物質や、重金属の接種を控えるのと同じように、徐徐に金属イオンが溶け出し、アレルギーや歯肉の異変の原因となりうる金属を口腔内に入れないことが疾病の予防や将来の健康につながります。

最先端の『予防』治療

従来の修復物よりも、歯と接着強度が高いため再う蝕のリスクを減らし、結果的に歯牙の喪失を最小限にとどめることができます。

優れた耐久性

規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対しセレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

天然歯により近い質感

優れた耐久性をもつ新セラミックブロックは、より天然歯に近い質感を持ち、治療したことがわからないくらいの高品質です。

歯科技工所に依頼しないため経済的

セレック治療では修復物を院内で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。人件費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できます。

セレックQ&A

なぜセラミックがよいのですか?

アレルギー物質を含まず、変色や摩耗に強い、さらに天然歯に近い質感、見た目にも美しいのがセラミックです。

今までのセラミックとどう違いますか?

従来は、技工士の手作業でセラミックの材料を盛り上げて作っていましたが、セレックは、強度が均一で安定したセラミックブロックを外側から削って作りますので、割れにくく、歯との接合部分も極めて精密に再現することができます。

歯科用CAD/CAMとは何ですか?

パソコンにスキャンした画像を取り込み、プリンタで印刷をするように、カメラで歯牙をスキャンして、形態を計算、ミリングマシンで立体的にプリントするイメージでお考えください。

 

Scroll