データに基づいた精密な治療を実現するために

“より確実に” “より美しく” “より精密に”

歯科治療において重要なのは、痛みの原因をつき止め、事故を未然に防ぐための精密性です。そのためには医師の経験や勘に頼るのではなく、正確なデータにもとづき、数ミクロンの患部をしっかり目視しながら治療を進めていくことが必要なのです。京都の四条烏丸にある歯医者『デンタルクリニックTAKANNA』では、より確実な検査や正確な治療を行うために必要となる設備を整えています。当クリニックで安心・安全かつ確実な精密歯科治療をお受けください。

精密治療の実現『マイクロスコープ』

『見えなかった』治療部位を『見える』ようにする装置

マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、最大20倍程度まで患部を拡大して診ることができる装置です。歯科治療は非常に細かい世界ですので、肉眼のみに頼って治療することは治療精度を下げることに繋がります。

アメリカでは歯科大学における歯内療法を行うときはマイクロスコープの使用は義務化されているほどですが、まだまだ日本では5%程度の歯科医院でしか導入していません。

マイクロスコープのメリット

治療の正確性
マイクロスコープのない治療では、見えない部分は、経験や勘に頼らざるをえませんでした。しかしマイクロスコープの導入後は、経験からの推測で治療することなく、光に照らされた患部を拡大し確認できるため、迅速で正確な判断ができます。迷いやミスがない治療を実現できるため、患者の皆さまに的確な治療を行えます。
精密度の向上
マイクロスコープによる視界は50ミクロンを狂いなく見分けることができる領域。これまで見ることのできなかった根管の内部や虫歯の兆候なども識別できるため、見逃しによる再発・再治療を防ぎ、今まで以上に良好な経過を得ることができます。
医師の疲労軽減
マイクロスコープは、無理な姿勢で口腔内を覗き込むような作業がなくなるため、肉体的な疲労も眼精疲労もなくなりました。いつまでも最高のコンディションで治療をすることができますので、すべての患者の皆さまに対して常に最適なコンディションで治療に臨むことができます。

精密検査の実現『歯科用CT』

高度で繊細な技術を要する治療に欠かせない装置

より精度の高い診断と治療のために、当クリニックでは歯科用CTをご用意しております。
従来の平面的なレントゲンでは得られない、立体的な画像診断により病変の早期発見と精度の高い確実な処置が可能となりました。
特にインプラントや親知らずの抜歯等の外科的な処置では、安全で確実な処置のためにCTによる画像診断は今や必須となっています。
また、根管治療においても根の形態や内部構造を立体的に把握することが可能となり、より精度の高い処置が行えるようになりました。

歯科用CTのメリット

正確な診査、診断
平面から立体(3D画像)で口腔内を見ることができるので、そこから得られる正確な情報により診断を行い、患者の皆さまに対して適切に治療内容を説明することができます。備え付けのモニターを見ながらのカウンセリングが可能なため、治療内容を視覚的に理解することができ、納得したうえで治療を受けることができます。
より確実で効率のよい治療
顎の内部構造(骨の高さ・厚みや神経管の位置)や埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができ、より正確で効率よく安全に処置が行えます。またインプラント治療の場合、埋入方向や深さなどをあらゆる角度から診査・診断・シミュレーションすることが可能になり、より安全で的確に治療を行うことが可能になりました。
安心・安全な撮影
歯科用CTは従来の医療用CTとは異なり、放射線量を10分の1以下にまで軽減できます。
CT撮影にご不安をお持ちの患者の皆さまもどうかご安心ください。

滅菌対策の徹底

さまざまな病気の院内感染を防ぐ衛生管理対策を取っております。

当クリニックでは、治療器具は素材や用途によって、薬液による消毒、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)による滅菌を徹底し、滅菌したものは使用直前に封を開けるようにしています。グローブ・紙コップ・エプロンなどはディスポーサブル(使い捨て)のものを使い、院内には空気清浄機を設置しています。

対策の内容

ページトップへ