当クリニックの入れ歯治療について

お一人お一人に合った入れ歯で快適な毎日をサポートします

現在の日本では非常に多くの方が入れ歯を使っておられます。しかし、入れ歯に関する悩みを抱えたまま日々過ごしている方が非常に多いのが現状です。当クリニックでは、自然な笑顔と快適な生活を取り戻していただくために、痛くなく良く噛めて、動かない入れ歯作りを目指しています。また歯を部分的に失った場合や全ての歯を失った場合など、お口の状態に応じて様々な入れ歯があります。当クリニックでは始めにお口の状態を確認し、ご希望に合わせて最適なプランをご提案し、患者の皆さま自らに選択していただきます。

特長 患者の皆さまごとに嚙み合わせ・咬合を考える入れ歯治療

メインテナンスはあらゆる歯科治療において重要な考えです。それは入れ歯(義歯)においても同様です。入れ歯は、使用する内に摩耗して擦り減っていきます。すると患者の皆さまの中には装置を外し、柔らかい食事ばかりをとってしまう方もいらっしゃいます。
結果として噛む筋力が低下し、オーラルフレイルといったように運動機能も弱まり、寝たきりの原因になることが明らかになってきました。できるだけ早い段階でご自身にあった入れ歯を作り、定期検診とメインテナンスを組み合わせれば、いつまでも快適なお口の環境を手に入れられることでしょう。
当クリニックでは義歯の製作からメインテナンスまで一括して強いサポートを行っております。

部分入れ歯の種類

部分入れ歯とは歯を失った部分に装着する取り外し式の入れ歯(義歯)です。人工歯と人工歯を支える粘膜色の床と、残っている歯にひっかけて支える留め具(クラスプ)で構成されています。
保険診療の場合には、プラスチック・人工歯・金属の留め具で出来ています。自費診療の場合には、保険診療以外の素材が使えるため、目立たない自然な入れ歯などをご用意することが出来ます。

部分入れ歯の種類

レジン床保険治療
保険適用の入れ歯なので安価で作れます。人工歯も含め、全体がプラスチックでできています。床が分厚いため熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくかったり、喋りづらかったりします。
ノンクラスプデンチャー(バネの見えない入れ歯)自費治療
留め具の金具を一切使用しない部分入れ歯です。見た目だけでなく軽くて薄いという特性も持っており、周囲の歯にも負担がかかりません。

総入れ歯の種類

歯が全く残っていない、あるいはほとんど残っていない場合の治療法です。総入れ歯は人工歯を支える床を口の粘膜に吸着させ、安定させます。
保険適用の場合、プラスチックの床を使用するため、強度の関係で厚みが生じなれるまでに時間がかかる方もいます。自由診療の場合、保険診療以外の素材が使え、入れ歯の厚みや見た目の問題も違和感がありません。

総入れ歯の種類

レジン床 保険治療
保険適用の入れ歯なので安価で作れます。人工歯も含め、全体がプラスチックでできています。床が分厚いため熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくかったり、喋りづらかったりします。
ユニフィット自費治療
金属を使わない入れ歯で、健康な歯に負担をかけない優れた入れ歯です。口腔にフィットし、見た目も使用感も違和感がありません。

入れ歯のメインテナンスの重要性

入れ歯を長持ちさせる秘訣は定期的なメインテナンス

入れ歯は保険治療のものでも、自費治療のものでも、お手入れを必要とします。歯茎がやせて形が変わったり、入れ歯自体が年数を経てすり減ったり、義歯を支えている歯の状態が変わったりすると、入れ歯が合わなくなってきます。
合わなくなった入れ歯をそのまま使用すると口の粘膜に傷がついて、調整したあとも痛みが続くなどのトラブルの元になります。長く快適に入れ歯を使うために、半年に1度は定期検診にご来院ください。違和感がなくなるよう調整いたします。
また、毎日の洗浄で入れ歯を清潔に保つことはもちろんですが、汚れが溜まると口臭の元になったり、歯周病になったりしますので、定期的に歯科医院で溜まった汚れをプロのケアで落としましょう。

予防治療

入れ歯治療の症例

症例紹介について

備考 こちらでは各診療内容にあわせた症例をご紹介いたします。
更新をお待ちください。
ページトップへ