Category

その他

炎症のサイン

こんにちは、今回のブログは吉井です🌸
よろしくお願いいたします!

日中はあたたかくなってきましたが、朝と夜はまだ空気が冷たかったりとお洋服選びなど迷ってしまう季節ですね。

寒暖差でお身体冷やさないよう
どうかご自愛くださいませ。

さて、皆様は歯磨きをした時、フロスや歯間ブラシを通した時に歯茎からの出血を経験したことはありませんか?

わたしは、歯科の勉強をするまで
歯茎の出血を深く考えたことがありませんでした。

出血があると言う事は、
そこに炎症があるということですよね。

ですが
出血はあるけれど、痛みや腫れがない場合
あまり気にされていない事が多いようです。

ちゃんと歯を磨いている、
フロスや歯間ブラシを通しているけど
出血があるのは磨いている『つもり』になってしまっていることが考えられます。

また歯茎の中に歯石がたまっていたりするとどれだけ磨いていても歯茎の炎症を抑えることが難しくなってしまいます。

検診では、歯茎の検査をしっかりと行います。
歯周ポケットの深さ
出血の有無
歯の動揺
そして、歯垢、歯石の有無をみていきます。

汚れの付着具合をみて、清掃用具の使い方の
確認もさせていただいておりますので
一緒に歯ブラシやフロスの使い方をマスターしましょう🦷✨
少し歯ブラシの角度を変えるだけでも汚れの取れ方が変わってくるので、磨きにくい場所など何でもご相談下さい!

検診終了後には
検診結果表をお渡ししておりますので
是非、ご自身のお口の状況と向き合ってみてくださいね😊

ページトップへ