歯周病とインプラント

歯を失った際の治療法としてインプラント治療は定着してきています。しかし、歯周病がある場合インプラントを使っても大丈夫なのでしょうか?

新しい研究では歯周病のある方にインプラントを使用した場合のインプラント成功率は歯周病以外の原因で歯を失われた方々に比べ劣ると報告しています。また、インプラント周囲に炎症が起こる頻度も多かったと報告しています。

このように、歯周病はインプラント治療のリスクファクターとなります。ですが、歯周病があるからといってインプラント治療が受けられないというわけではありません。

歯周病に対して治療を受け、適切なプラークコントロールとメインテナンスを行うことで高い長期成功率が得られます。

Scroll