歯周病とたばこの関係

歯周病のリスクファクターは歯の汚れだけではありません。そのひとつがたばこです。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。ではどうしてたばこが歯周病を悪化させてしまうのでしょうか。

たばこに含まれるニコチンや煙に含まれる一酸化炭素の作用により、

  1. 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう
  2. 血管が収縮して歯茎に十分な酸素や栄養素が供給されない
  3. 組織修復機能が妨げられる

などということが惹き起こされます。

これらの作用により、喫煙者の歯周病は発症すると進行が早く、また治癒しにくくなってしまうのです。そして出血の自覚症状が出にくく、発見が遅れる原因にもなります。

また、たばこは口臭や口腔癌や味覚鈍麻の原因にもなり、もちろん全身のリスクファクターでもあります。しかし禁煙することでこの危険性が下がっていくことも分かっています。

Scroll