• 最新医療
  •  > 
  • サイナスフロアエレベーション

サイナスフロアエレベーション

上顎の奥歯(小臼歯、大臼歯の部分)は、個人差はありますが、上顎洞という鼻の器官が存在することで、インプラントを埋めるのに必要な高さが不足している場合があります。

このようなケースでは、インプラントを埋める手術時に、またはそれ以前にその場所の骨の高さを増やすために上顎洞の底の部分を持ち上げる処置を行います。

それをサイナスフロアエレベーションと言います。

その術式には、オステオトームテクニックと、ラテラルウィンドウテクニックという二つの方法があります。それぞれの患者様の状態により、最適な方法をご提示いたします。どちらも、骨を増やすためにご自分の骨や、人工の骨を必要としますが、どちらも正確な処置が行われた場合のインプラントの予知性は非常に良好です。

Scroll