オステオトームテクニック

この術式も、上の奥歯にインプラントを植えるための十分な骨がない場合に用います。

上顎洞挙上術の一つです。ラテラルウィンドウテクニックとの違いは、インプラントを埋めるためにあけた穴から上顎洞に骨を作っていきますので、手術が小さくすみます。

ある程度の骨の高さ(6~7mm以上)がある患者様にはこの方法が適応できます。

Scroll