• 最新医療
  •  > 
  • マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープを用いた治療

歯の治療はとても細かい作業ですね、と患者様からも言われることがあります。実際私たちの治療にはmm単位でなく、μm単位の精度を要求されることもあります。

例えば被せる歯(クラウン)の適合。歯を削り、型を取りそれに合わせたクラウンを技工士さんが製作します。セラミックを用いたクラウンなどは、技工士さんもマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて模型との適合精度を確認しています。そして出来上がったものを、いざ患者様のお口の中で合わせてみて、その適合を確認するには、わたしたち歯科医師もマイクロスコープを用いる必要があります。

肉眼では判別しにくい虫歯や歯石もマイクロスコープを用いることで、より正確に、確実に、そして必要最小限の介入で治療ができますし、歯の根の治療などには実際歯の内部を覗いて確認できます。

また、近年形成外科や眼科、脳外科、神経血管外科など医科の分野でマイクロスコープが手術室に設置してあるのをテレビや雑誌などでご覧になったことはありませんか?

非常に繊細な処置(血管を縫合する、傷跡が残らないように非常に細い針と糸を用いて傷を縫う、など)を行うのに外科手術の領域でもマイクロスコープは活躍しています。同じように私たち歯科の領域においても、もともと手術部位が大きくない、前歯の歯肉などに傷跡を残したくない、歯肉の形成外科や、最先端の再生療法などの歯周病治療、インプラント治療など、時には非常に繊細な処置を行う必要がある、非常に見にくい場所を処置する必要がある、などの理由からマイクロスコープが各種手術に用いられるようになりました。

当クリニックでも、手術室と処置室に2台のマイクロスコープを設置し、できる限り痛みや介入の少ない外科処置、精度の高い治療を提供いたします。

Scroll