CT画像の必要性

当院では、歯科用CT撮影装置(3DX・モリタ社製)を導入しています。

CT撮影装置は、顎の骨の立体的な形態や神経の位置の把握、骨密度の診査など、従来の平面単位でのレントゲン画像では得られなかった情報を得ることができます。

インプラント治療はもちろんのこと、他の分野においてもCT撮影装置は有効であり、正確な診断のもと安全性の高い治療が可能となります。

CT撮影装置の活用

  • インプラントの術前診査
  • 術後評価
  • 親知らずなど抜歯前の診断
  • 歯周病の診断
  • 顎関節の診断・難治性の根の治療
  • 在性の虫歯など

院内歯科用 CT撮影装置のメリット

  • 被ばく量の低減
  • 短時間の撮影
  • 撮影後の早期の画像処理・診査・診断
歯科医院様へ

歯科医院の皆さまへ、当院では歯科用CT撮影装置の撮影を受け賜わっております。

※ご依頼希望の歯科医院様はこちらより資料をダウンロードしてください。

従来のレントゲンが平面単位の情報であるのに対し、CT撮影装置は立体での情報を得ることができます。

CT画像は、顎の骨の立体的な形態や神経の位置の把握、骨密度の診査などに利用されます。

CT撮影装置の活用

  1. インプラント術後診査・術後評価
  2. 親知らずなどの抜歯前の診断
  3. 歯周病の診断
  4. 顎関節の診断
  5. 難治性の根の治療
  6. 深在性の虫歯

などに歯科用CT撮影装置は有効に活用されます。

院内歯科用 CT撮影装置のメリット

  1. 医科用CT撮影装置に比べて低被爆
  2. 短時間の撮影
  3. 撮影後の早期の画像処理・診査・診断
Scroll