インプラント治療の流れ

インプラントは、手術が必要ですし、骨が十分にない場合などインプラントを埋める手術の前に骨を作る手術が必要になることもあり、治療期間は一般的に長くなります。
治療期間は、インプラントを埋める場所以外の虫歯治療や歯周病治療など、患者様個々のケースですべて異なるのですが、インプラント治療にしぼって、一般的な治療の流れについてここではご紹介します。

抜歯と同時にインプラントを埋める方法

  1. 抜歯と同時にインプラント埋め込み

  2. 仮歯の装着

  3. 最終完成

抜歯後、軟組織(歯肉)が治癒(抜いた穴が歯肉で埋まった状態)した時点でインプラントを埋める方法

  1. 抜歯

  2. インプラント埋め込み

  3. 仮歯の装着

  4. 最終完成

抜歯後、骨が治癒した時点(レントゲンで歯を抜いた穴が骨で埋まっている状態)でインプラントを埋める方法

  1. 抜歯

  2. インプラント埋め込み

  3. 仮歯の装着

  4. 最終完成

抜歯して既に数年が経過している場所へインプラントを埋める方法

  1. インプラント埋め込み

  2. 仮歯の装着

  3. 最終完成

骨の幅、高さが不足しているため、骨を増やさなければ、インプラントが埋められない場合主に上顎の前歯、下顎に適応

  1. 抜歯

  2. 骨造成

  3. インプラント埋め込み

  4. 仮歯の装着

  5. 最終完成

骨の高さが十分でないため上顎洞を持ち上げてそこに骨を作り、その後インプラント埋める方法

  1. 抜歯

  2. 骨造成

  3. インプラント埋め込み

  4. 仮歯の装着

  5. 最終完成

 

他には、審美を整える必要のある場所(主に上顎の前歯、下顎の前歯)の治療は通常よりも期間がかかります。このように、手術の方法、手術部位、骨の状態などにより、治療期間はそれぞれ異なります。

当クリニックでは、医師・インプラントコーディネーターが、個々の患者様の治療計画時に詳しくご説明いたします。

Scroll